赤ちゃんのこと

お腹の中にいる赤ちゃんのことを知ってみよう


日本での妊娠の数え方は、最後の生理の始まった日からがスタートなんです。だから、実際には妊娠していない週もカウントしちゃいます。ということは、自分が妊娠しているって気づいていない人が、「生理が1週間遅れてるかなぁ?・・・」なぁんて思っている頃、実は妊娠2ヶ月目に入ってるんです。えー!!って感じですよね?しかも、その頃には赤ちゃんの心臓はもう鼓動し始めているんですって。(赤ちゃんができてから、つまり受胎3週間目頃には心臓が鼓動し始め、血液を循環させはじめます)これって、スゴイことだと思いません?


赤ちゃんの成長



奇跡の物語

男性が一生の内に作る精子の数って1~2兆らしい 女性は1ヶ月に1個ずつ卵子を出すので、一生のうち400個くらい?出してるとして 今の出生率が1.29(2005年)だから そのうち受精がたった1個か2個!ってことだよね? これって超レア者ぢゃん!? すごい貴重な存在ってことだよね

妊娠はそもそも 0.06mmくらいの超小さい大きさの数千万個?数億個の精子が、 またまた小さい0.1mmくらいの大きさの卵子にめがけて行き、 もぐりこんで受精→妊娠となるわけだけど 入れるのは・・・ なんと、たった1つだけ!!! これもまたスッゴイ競争率?

しかも、お母さんのお腹の中で卵子は0.1mmだったのに 赤ちゃんが生まれる時の大きさはだいたい身長50cm なんと5000倍の成長!

これってすごい奇跡・・・ たった10ヶ月もしないうちに、5000倍も成長してるんだから

そう!

こうやって、このページを見てくれている皆さんも私も 実は、奇跡の子だったんです