感想文より

講演会(大阪)のアンケートからいくつか感想を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q: 講演会前と講演会後では、性に関する考え方がどのように変化しましたか?

- 性に対する関心が高くなったように思う。簡単に一線を越えていいわけではないし、しっかり考えるべきだと思った。

- その「行動」ひとつで自分の人生も変わるし、お腹の子の人生もあるということを初めて考えて、命や自分の行動の一つ一つの重みを考えさせられた。

- 人に流されないで、自分の意見をはっきり言えるようになりたい。 :知り合いがおろしたことを聞いたとき「最低やん。それならそういうことするなよ。」と簡単に思っていたが、他人事じゃないと思った。講師の方が言っていたように、幸せな来のために、一緒にいて落ち着く人、愛してくれる人とめぐりあいたい。

- 先生と講師の方が寸劇をやってくれて、すごくわかりやすく、その場面、場面で色々考えるものがあった。その行為をすることは、その次の責任も持たないといけないと思った。

- 性行為をするときはパートナーと話し合うということは知らなかったけど、話し合いもしないといけないと思った。

- (性=)「心を生かす」という考え方はすごく良いと感じた。男子女子関係なく、身体の傷より心の傷の方が治りにくいし、助けにくいから、心を生かす、守るというのは大切だと思った。

- 恋愛なんて適当にして適当に結婚して子どもを産んで育てていくのかと思っていたけれど、 そういうことをするのはとても大切なことで適当には絶対にやっていはいけないというこ とを知った。

- 彼女のこととか、友達、みんなのことを大切にできる人になりたい、なる!と思った。

- 自分の気持ちと相手の気持ちをよく考えた上で、どうすればいいかというのを冷静に判断することが大事だと思った。何でも人のせいにするのではなく、お互いが、どううまく付
き合っていけるかを考えようと思った。

- 友人や家族だけでなく、いろんな人を大切にしていこうと思った。

- 相手に対する気持ちを今まで以上に大切にしたいと思った。

- 境界線をしっかり引いて、ダメなことはダメときちんと断って、その断り方にも注意しようと思った。そして、相手にきちんと気持ちを伝えることはやっぱり大事だと思った。

- もし自分がそういう場面になるときがきたら、自分と相手の将来をしっかりと考えた上で 軽率な行動を取るのはやめるようにしようと思った。自分も相手もとても大切にしようと
思えた。