性教育?ワークショップ in 関西

2012年のジャパンアライヴのワークショップは

関西で、6校の高校、計1253人に対して行いました。



ジャパンアライヴのワークショップでは、

性感染症やに関しての実際に情報や知識を提供すると同時に、

ライフスキルを学んでいきます。



ゲームやスキット(寸劇)、ロールプレイやディスカッションなどを通して

実際の生活での様々なシチュエーションを想定しつつ、具体的な形で

それらを学ぶことにより、適用力を高めることができるように構成しています。