境界線

ラブラブのカップルでも、親友でも、夫婦でも、親子でも、

「境界線」が必要!?
なんだかそれって冷たいイメージじゃない!?

いえいえ。親密な相手だからこそ、境界線が必要なんです!  

どういうことかな??
そもそも「境界線」って何??

boundaries-what.jpg

境界線と聞くと、何を連想する?国境?
隣の人の家との境目、フェンスとか垣根とか?

自分の家と他人の家の境界線を考えてみると、
庭の周りに柵があったりして、門があって。。。ここから家だってわかる。

もし、あなたの家の敷地内にノックやベルもならさずに他人が勝手に入ってきたら、その人は「不法侵入者」になっちゃうよね。

境界線は「門」がついた塀みたいな感じのもの
をイメージしてもらえるとわかってくるかな? 

同じように、人にも境界線があるんだ。肌もそうだよね。

いきなり身体を触られたりしたら。。
境界線を侵害されている気分になるでしょう?
身体に触らなくても、自分とすごく近いところに他人がいても嫌だよね?
半径○mが自分の範囲!って決められないし、目に見えないものだけれど、
でも、境界線は確かにあるんだ。。。

たとえ親しい人であっても、
かばんの中身や手紙やケイタイを勝手に見られたり、
私のお財布からお金を使われたり、
助言を求めてもいないのにプライベートな事までいろいろ言われたり。。。

そういうのも境界線を超えて、自分の領域に勝手に人が入って来てるって感じがするじゃない?

そしてもちろん、「性」にも境界線はある。

「一線を超える」って言い方があるけど、
セックスって、境界線を超えること。
キスだってギュッてすることだってそうでしょ?
身体の関係を持つってことは、自分の領域の中に他人を入れるという行為だよね!? 

でも、もし自分が、相手にアドバイスを求めたり、お金を貸してあげたり、お互いの同意の上で身体の関係を持つのなら別の話。。。
それは境界線を超えて、自分の領域の中に相手が入ってくることを「自分が許可してる」ってことだから。

「愛されてる」ってことだから我慢しなきゃ。。。?

境界線っていうのは、入って欲しくないもの、「悪いもの」にはきちんと「NO!」を言って、
境界線をきちんと引いて「私」を大切に守ることができるもので、
時と場合によっては、境界線を超えて「良いもの」が内側に入ることを「許可」することもできるものなの。

つまり自分の人生の「所有者意識」を持つっていうこと!


自分の人生、相手まかせじゃなくて自分でハンドルを握るってことなんだね。。。

特に恋愛において、これができていないと大変〜!

そうならないためには、境界線をきちんと引くことが大切です。

具体的に言うと、境界線がきちんと出来ていない例としては。。。

* 彼女の行動がすごいわがまま!って思うけど、何か言い返すと彼女が怒りだすから言えない。
(恐れによって自分を犠牲にしてしまってる?)

* セックスに「NO」っていうと彼に嫌われるから、みんながしてるから、そうするしかないと思う。
(罪悪感やプレッシャーに流されて、「NO」が言えない?)

* 彼の束縛はいやだけど、「愛されてる」ってことだから我慢しなきゃ
(相手が境界線を無視しているのに受け入れている?)

でもそんな風に生きていると、
何でもOK〜、便利な男、都合のいい女。。。になってしまたり、
気がつくと何だかすご〜く疲れて自分を見失っていたり、
予期しなかった妊娠やトラブル。。。なんてことになったりするかもしれません!

境界線をきちんと引くということは
「自分がしてあげられるのはここまで」としっかり相手に伝えること。
たとえ相手が起こったりすねたりしたとしても、その感情の責任を負わないこと
(その感情の処理は相手がすべき)。
どこまでが自分の領域で、自分が責任を持つべきものか、そして、どこからが相手の領域で、相手の責任の範囲なのか。。。?をハッキリさせること。

もし、それを無視する人がいたら、距離を置いたり逃げたりして、自分を守ること。
そして境界線を侵害してくる人から離れられない時は(デートDVやストーカー行為も含む)、
誰かに相談することがとっても必要なんです!

boundaries-badgood.jpg

これらのことが、恋愛において(人間関係においても)とっても重要です。
親しき中にも境界線あり!
境界線がしっかり出来ていれば、長く続くステキな恋愛ができると思いますよ。

あなたの心も身体も、あなたの性も、あなたの領域のこと!
と〜っても大切な、かけがえのない、あなた自身のこと。。。
この世でたった一人しかいない、超レアな、
どんな宝石よりも価値があるあなたのこと。

もう一度、あなたの境界線を見直して、大切なあなたを守ってね!

ジャパンアライヴでは境界線についてのワークショップも行っています。